御室藝術祭2021 第1ステージ<彫刻>

更新日:2021年10月2日

期間:2021年 3月20日(土)~3月28日(日)

作家:山口 桂志郎



<展示概要・作家コメント>

今回の展示はコロナ禍での展示となり、繰り返される非常事態宣言、医療崩壊の危機、様々な情報の錯綜、非日常的な状態が日常になる中、アーティストとして、この状況でどのような作品を作るべきか自問自答しながら制作し、これまでの自身の作品とは違った作品群により、展示構成しました。


私の担当した第一ステージのテーマは「誕生」であり、展示会場である仁和寺宸殿は火災により再建されており、その「火」を誕生の前触れとし、最初の部屋を構成し、そこから様々なイメージを喚起させる作品を次の部屋へと配置していきました。

また、仁和寺所蔵の国宝「孔雀明王像」からイメージを発展させ、死と再生を司る蛇、それを食べる孔雀、医療を司るアスクレピオスの杖、旧約聖書の火の蛇等をモチーフとし、蛇を流木に見立て、蛇、毒、薬などイメージを変化させながら各部屋を構成していきました。


展示当時、コロナ禍の始まりから1年程経ち、コロナ感染者の容態の急変化の多くはサイトカインストームという免疫暴走によるものと判明しました。本来私たちの身体を守るはずの免疫機能により多くの、死者重症患者を出しました。現代人の多くが抱えるアレルギー症状も同じ原理であり、漆によるかぶれもアレルギー症状によるものです。

これまで自身の作品に漆を使用してきた経験から、かぶれの反応を作品化する為、自身の身体に漆で文字を書くという映像作品を制作しました。



<展示の様子>


会期初日に行われたトークセッションでは担当された『御室藝術祭ロゴ』に込めた思いや、作品の制作意図が解説されました。

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2021 by Ninnaji Omuro Art 4.8 Project